タワーマンションの歴史

日本のタワーマンションの歴史

第二次世界大戦後の日本では、一戸建ての住宅に住むというのが当たり前で、地震などの災害面への不安から、高層の建物に住むというのはあまり馴染みがありませんでした。習慣的な理由からあまりタワーマンションに住むというのが考えにくかった時代で、需要が低かったためタワーマンションが建設されることはありませんでした。

タワーマンションの歴史は鹿島建設が1974年、18階建てRC構造の社宅を建設したことから始まります。その後、住友不動産が一般向けの21階建てのタワーマンション「与野ハウス」を建設し、その後タワーマンションが各地に建てられるようになりました。当時は日照権や敷地の問題から広い土地のある郊外に建設されることが多かったようです。

1997年には国の規制緩和により建設基準法が改正され、都心でも高層マンションが建設しやすくなり、景気回復の後押しもあり、都心にタワーマンションの建設ラッシュが起きるようになりました。

私たちがご案内します!
スタッフ

タワーマンションの賃貸ならお気軽にご相談ください。明るく経験豊富なスタッフがお待ちしております。

お気に入り物件リスト

最新5件のみ表示しています。

リストを全て見る

クイック検索

  • 駐車場相談
  • ペット相談
  • 24時間管理
  • フロントサービス
  • スポーツジム
  • 宅配ボックス

物件リクエスト

お問い合わせ

お問い合わせフォーム

03-5368-1901

格安物件特集
一人暮らし物件特集
品川・大崎エリア特集
新築特集
高級賃貸特集